Talk w/z 堀江ケニー【7】

【7】Kenny’s Recommend

  • DOME


miqui: やっぱりDOME?
kenny: DOMEはすごい残りましたね。
miqui: ケニーさんならでは、かも。そのご意見は。
kenny: 残りましたね。でも、全部つながってる感じがしますよ。コンセプトアルバムのような。
sugiura: ああ。
miqui: そうですか。
kenny: DOMEは特に、オレはタイトルで残ってたみたいなのがありますけど、でも全部がつながってる感じがする。一つの曲みたいな感じ。
sugiura: うれしい。
miqui: うれしぃ~。
kenny: 一つ一つ、というよりも。川の流れのような、感じがします。
miqui: それはうれしいですね。よかった、やって。(笑)そういわれるのが一番うれしいかもしれない。
kenny: 昔の、それこそピンクフロイドのアルバムみたいな、A面B面一曲、みたいな感じがする。コンセプトアルバムみたいな、一つのシーンがあって、だから、こう全体的にスピリチュアルな感じ。全部の曲が、そういう感じがする。
miqui: そうですか。
kenny: 一つのテーマというか。
miqui: そうかもしれない。
sugiura: そういわれるのが一番ですよ。一番。一番いい。
kenny: 他にやってる人いないですからね。こういう音楽。いないと思う。
miqui: そうですか?
kenny: あんまり会わない。だから、「ジャンル何?」って言われると、「ジャンルこれです!」っていうのは無い。確かに。
miqui: そうなんですよね、囚われたくないっていうのもあるし、なんでもやりたいものをやってしまうというのもあるし。それこそ、アコースティックもやるし。
sugiura: 自分では、作品の内容が混沌としてるなと思うんですよ。でもその混沌としてる感じを出したいんだから、混沌としちゃうのはしょうがないな、という。

次のゲスト、珠子に続く…


Talk List【全7回予定】
※掲載の写真はすべて、堀江ケニー氏によるものです。


★ご意見、ご感想をお寄せください。メールフォームまたはtwitterのリプライからもOKです。ハッシュタグ:#HVO_NP

Talk w/z 堀江ケニー【7】」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: NOW PRINTING対談企画「Talk」本日更新!(Talk w/z 堀江ケニー【7】Kenny’s Recommend) | Heinrich Von Ofterdingen

コメントは停止中です。